ローカルSEOのメリット・デメリット。取りくむだけでも効果あり!

  • 「地名+業種」は売上に直結する
  • 少しの投資で取り組める
  • 地域ナンバーワンを謳える

ローカルSEOはこんな魅力を持ったマーケティングだというお話を ローカルSEOとは の記事で解説しました。

しかし、いい話ばかり聞いても「100%成功するわけではないよね」なんて疑問も残ると思います。なぜなら、どんなマーケティングも万能ではないからです。

そこで、このページでは「ローカルSEOの効果」や「メリット・デメリット」について解説し、ローカルSEOをやるべき本当の理由をお伝えできればと思います。

執筆者:大山のりよし

1980年9月28日生まれ。28歳から大手企業での制作、マーケティングディレクションに携わる。ベンチャー企業にて、メディア事業の立上から制作ディレクション、ライティング、SEOを先導して行い、2019年株式会社WINQを創業。2024年Kindleにて「ローカルSEOのすべて」を出版。

  • キーワードマーケティング歴15年
  • 300万個以上のキーワードの効果を分析
  • 美容業界で月300件の成果獲得
  • 元・国内トップアフィリエイター
  • アセットコンバージョン開発者

100%上位化できる、は間違い

残念ながら、ローカルSEOは100%成功する施策ではありません。「業界」や「地域」での競合状況によってローカルSEOの難易度は異なります。施策費用や上位化までの期間も異なります。

しかし、あらかじめ「SEOマーケティング」の本質は理解しておきましょう。

「上位化されなかったら、失敗」ではない
例えば、半年では上位化ができなくても「1年やったら上位化する」という可能性があります。失敗というより「上位化までの時間が、想定よりも長かった」という認識になります。

「上位化できない=価値がない」ではない
ローカルSEOに取り組むことで、ホームページの便利さも変わります。それによって「いろんなページが読まれるようになった」や「営業がラクになった」などの効果につながります。

なので、ローカルSEOに取り組むことで上位化以外の価値もたくさんあるということを、覚えておいてください。

ローカルSEOに取り組むだけでも効果は期待できる

「地名+業種」のキーワードで検索エンジンで上位化する。

これがローカルSEOのもっとも象徴的な効果ですが、ローカルSEO(ホームページの最適化)に取り組むだけでも、ビジネスに役立つ効果がたくさん期待できます。

説得力があるホームページが手に入る

ローカルSEOに取り組むとは「説得力があり、営業効果のあるホームページをつくること」を意味します。

なぜなら、検索エンジンが「利用者に有益なホームページを優遇する」からです。(ちなみに「有益」は、Googleいわく「検索目的を達成させられる」という意味です)

  • 購入検討のために必要な情報を掲載する
  • 求めている情報を、見つけやすく整理する
  • 読みやすく、理解できる文章にする

例えば「新宿 税理士」で税理士を探している方へ「当事務所はお役に立てると思いますよ」というご提案をすることは、ひとつのホームページのあり方として素晴らしい形です。

そして、本当に検索者にとって満足できる提案ならば、Googleはそのホームページを優遇します。

24時間、365日、訪問者にセールスできる

「ホームページがあなたの営業マンになる」という話を聞いたことはありませんか?

説得力のあるホームページを持つことは「24時間、365日、無償で働いてくれる営業マン」を採用したようなものです。

しかし、ほとんどの経営者はホームページを活用できていません。なぜなら、多くの会社のホームページはカッコよさを重視して、コンテンツに説得力がないからです。

Googleのガイドラインに従ってホームページを作ることで、訪問者への説得力も高まるでしょう。それによって、ホームページは営業マンへと変化していきます。

営業、商談のフォローがラクになる

説得力のあるホームページがあると、商談前にあなたのサービスを知ってもらいやすくなります。

サービス説明に終止した商談では「検討します」で終わりますので、商談で話すべきは「買うか、買わないか」です。

買うなら手続きを進めればいいし、買わないなら今後のために「なぜ買わないのかを聞く時間」にすることで営業効率が上がります。

また、商談後もホームページに説得力があれば「アフターフォローの資料」としても機能します。購入までの商談回数を減らせるし、アフターフォローもURLを案内するだけで済むでしょう。

問い合わせへの回答が楽になる

お客様からのたくさんの質問メールや電話が来ると、時間がいくらあっても足りません。

そのために、「よくある質問」や「ブログ」など、お客様の疑問を解決するコンテンツを用意することで、不要なお問い合わせを減らすことができます。

価値の高いコンテンツが増えていくと、ローカルSEOでも高評価につながります。

また、カスタマーサポートが充実していることが購入理由にもなるので、一石三鳥です。

ローカルSEOの特徴とは

ローカルSEOは「取り組むだけでもビジネス的な効果が期待できる」ものですが、あなたにとってローカルSEOが有効なのか、あるいは他のマーケティングが適しているのかも気になると思います。

ここでは、ローカルSEOの特徴を知り、取り組むべきかどうか、検討してみましょう。

広告とは違う、農耕型のマーケティングである

コンビニエンスストアの「セイコーマート」をご存知でしょうか?北海道ではNo.1のコンビニ(シェア率37%)で、今では北海道だけでなく全国でも不動の地位を確立しています。

なぜ、そんな事ができるのでしょう?

  • 他のコンビニよりも、広告を出したから?
  • 他のコンビニよりも、PRをしたから?

いいえ、そうではありません。大手コンビニエンスストアが全国展開する中、北海道のお客様からの大きな信頼を築き続けたからです。

ローカルSEOも、同じ地域マーケティングです。「ホームページ」と「事業拠点」という、多くの企業が持っているビジネス資産を活用して、時間をかけて地域との信頼関係をつくるマーケティングです。

お金を持ってる会社が勝つ「広告」という仕組みとは異なります。

企業としての信用を活かしたマーケティングである

Googleの検索エンジンの順位を決める人工知能(AI)は、日々進化し続けています。これまでのような「検索エンジンを攻略するようなSEO対策」で上位化できるレベルではありません。 

訪問者の悩みをホームページで解決できるからこそ、検索エンジンも上位化してくれます。なので、Googleから「この会社なら解決できますよ」というお墨付きを頂くことが必要です。

つまり、あなたの会社の信用を使って、マーケティングは成功へと繋がります。

何の資格も、技術も、実績もない初心者が「整体院を開業しました」とホームページを飾ったところで、Googleはお墨付きをくれません。だからこそ、企業として信用をつくることが重要になります。

過度な更新を必要としない検索エンジン集客である

これまでの検索エンジン集客というと「3000字程度の、読者の役に立つブログを、1年間継続して発信しないといけない」といった、労働集客があたり前でした。

しかし、ローカルSEOなら「過度な更新をせずに、3ヶ月程度でも、上位化される可能性がある」という特徴があります。

それには理由が2つあります。

  1. ライバルが少ない(同じ地域の同業他社のみ)
  2. Googleは「検索者に有益な情報」を紹介したい

検索結果の1ページ目には、最大10サイトが表示されます。日本全国の上位10サイトが選ばれるのと、特定の地域の上位10サイトが選ばれるのでは、難易度がまったく違います。

なのでローカルSEOなら、最短3ヶ月〜と、比較的スピーディーな上位化も期待できます。

3つのデメリットと回避策

ローカルSEOにも3つのデメリットがあります。

  1. 地域限定のため小規模な集客になる
  2. コンテンツを磨き続ける必要がある
  3. SEOの知識が必要な場合がある

このデメリットを受け入れつつ「どのように対処すればより大きなマーケティングにできるか」について話します。

回避策:他の集客手法と組み合わせる

ローカルSEOは「市区町村」や「駅名」などで検索された際の上位化になるので、小規模な集客になります。

だからこそ小さな会社にチャンスがあるのですが、大手企業には物足りないでしょう。なので「会社が大きくなると、ローカルSEOは役に立たないのか?」という疑問もでてきます。

要するに「ローカルSEOだけでは不十分になっていくので地域集客と連携して、たくさん集客しようね」という結論になります。

  • 名刺からホームページへ誘導
  • チラシからホームページへ誘導
  • 「都道府県+業種」のキーワードも対策
  • 多店舗展開し、複数地域での上位化

こうした他のマーケティングも併用しながら、地元でファンを増やし、全国へ展開することができます。

回避策:アセットコンバージョンを使う

競合他社が多いと、ローカルSEOも一筋縄ではいかないことがあります。

「ホームページのSEOがダメ?」
「コンテンツがダメ?」

など、原因が分散すると、改善にたくさんの「時間・お金・労力」を費やすことになります。アセットコンバージョンのWordPressテーマを使うと、ホームページのSEOの問題はクリアされ、コンテンツの改善に集中できます。

しかも、ホームページ制作の予算を大きく抑えられるため、コンテンツに予算を投資しやすくなります。

回避策:SEOの情報をとる

「なかなか上位表示がされない」
「どのようにコンテンツを作ればいいかわからない」

そんな八方塞がりになったら、SEOの知識なしではクリアできないかもしてません。そんな時のために、ローカルSEOの情報を提供しています。

それぞれ、詳細はリンク先のページでご確認ください。

このURLをコピーする

関連記事

  • ホームページは必要ない?経営者が知らないホームページの7つの重要な役割

  • MEO、SEO、ローカルSEOの違い。あなたにベストな施策はどれ?

  • 【14社比較】ホームページに使える商用利用可のフリー写真素材サイト