MEO、SEO、ローカルSEOの違い。あなたにベストな施策はどれ?

MEO、SEO、ローカルSEOの概要は以下のとおりです。

  • MEO:Googleマップ内での上位化
  • SEO:自然検索エンジンでの上位化
  • ローカルSEO:地名検索に限定した上位化

すべて「Google検索の上位に出す」という点で同じに見えますが、じつはまったく異なる施策です。特徴も、用途も、効果も、費用も、すべて違います。

では「あなたにベストな施策はどれか」がわかるように解説していきます。

執筆者:大山のりよし

1980年9月28日生まれ。28歳から大手企業での制作、マーケティングディレクションに携わる。ベンチャー企業にて、メディア事業の立上から制作ディレクション、ライティング、SEOを先導して行い、2019年株式会社WINQを創業。2024年Kindleにて「ローカルSEOのすべて」を出版。

  • キーワードマーケティング歴15年
  • 300万個以上のキーワードの効果を分析
  • 美容業界で月300件の成果獲得
  • 元・国内トップアフィリエイター
  • アセットコンバージョン開発者

特徴の違い

はじめに、それぞれの特徴(メリット・デメリット)を解説します。

読み進めていただくなかで「特徴があるからこそ、合うビジネス、合わないビジネスに別れる」ことに気づいていただけると思います。

MEOの特徴

MEOは「マップエンジン最適化(Map Engine Optimization)」と呼ばれ、Googleマップ検索が行われたときに、あなたのGoogleビジネスプロフィール(GBP)を上位表示するための施策です。

主なメリット

  • ホームページが不要
  • SNS感覚で簡単に発信できる
  • 低予算で外注化できる
  • 上位化までの期間が短い

主なデメリット

  • Googleマップのみの集客になる
  • 簡単なので競合もやってる

ホームページとは違い、専門知識は不要です。Googleの審査を通れば、管理画面から簡単に情報発信ができるので、SNS感覚です。しかし、簡単なので競合他社も取り組んでいるところが増えています。

SEOの特徴

SEOは「検索エンジン最適化(Search Engine Optimization)」と呼ばれ、自然検索結果でホームページを上位に表示させることです。ローカルSEOとは違って、地域キーワードに限定せず、日本全国の検索ユーザーにアプローチする施策です。

主なメリット

  • 日本全国、地域不問の大規模集客
  • 大きなリターンが期待できる
  • 会社の信頼があがる
  • ホームページの説得力があがる

主なデメリット

  • 上位化までに長時間を要する
  • SEOの専門知識がないとできない
  • コンテンツの質を上げる必要がある
  • 外注すると高額になる

高リスク、高リターンです。

成功すると大きな集客、大きな売上につながりますが、検索エンジンの進化によって、対策は年々難しくなっており、費用も高額になっていますので、誰もができる施策ではありません。

ローカルSEOの特徴

ローカルSEOは「地名を含んだキーワード」で上位化するための対策です。マップ検索(MEO)、自然検索(SEO)のどちらも対象になりますので、Googleビジネスプロフィールとホームページのどちらも必要です。

主なメリット

  • 地域での集客が安定する
  • 会社の信頼があがる
  • ホームページに説得力がでる
  • 上位化までの期間が短い

主なデメリット

  • 地域を限定した集客になる
  • SEOの知識が必要な場合がある
  • コンテンツの質を上げる必要がある

地名で上位に出ると「権威性」や「地域からの信頼」が高まるので、ブランディングや売上に直結します。ただし、競合他社がローカルSEOに力を入れている地域や業界では、SEOの知識が必要になります。

特徴をまとめると、以下のようになります。

項目ローカルSEOMEOSEO
拠点必要必要不問
GBP必要必要不問
ホームページ必要不問必要
費用
難易度

適する業種の違い

前述した特徴(メリット・デメリット)をもとに、それぞれがどんなビジネスに最適なのかを解説します。

MEOが最適なビジネス

MEOは「近くでよいお店を探す」ためのマップエンジン対策です。口コミだけで購入を判断してくるビジネスとの相性が良いです。低単価のサービスは、わざわざホームページを見なくても、口コミがよければ来店を決意してくれます。

MEOが適するビジネスの条件

  • 拠点(店舗、オフィス)を持っている
  • 客単価(LTV)が小さい
  • 口コミだけ購入を決める

具体的なビジネス(例)

  • 飲食店
  • 美容室
  • 病院(保険診療)
  • 整体院

SEOが最適なビジネス

SEOは「日本全国から求めている商品を探す」ための自然検索エンジン対策です。特定の地域で探しているのではないため、日本全国に販売体制を持っているビジネスとの相性が良いです。ただし、キーワードで探すため、キーワードが思い浮かばないと探せません。

SEOが適するビジネスの条件

  • 顕在化したキーワードがある
  • 全国に販売できるビジネスである
  • 客単価(LTV)が大きい
  • ホームページを見て購入を検討する

具体的なビジネス(例)

  • Webサービス(サブスク型)
  • 美容(健康食品、美容機器)
  • 金融(キャッシング、クレジットカード)
  • 教育(オンラインスクール)
  • 生活用品(家具、車)

ローカルSEOが最適なビジネス

ローカルSEOは、拠点を所有するビジネスの中でも「口コミは一つの参考材料、ホームページまで見て決めるサービス」との相性が良いです。高単価のサービスなら、口コミだけで決断せずに、必ずホームページまで見て慎重に検討します。ホームページの対策もすることで、自然検索、マップ検索の両方で上位表示されやすくなります。

SEOが適するビジネスの条件

  • 拠点(店舗、オフィス)を持っている
  • 客単価(LTV)が大きい
  • ホームページを見て購入を検討する

具体的なビジネス(例)

  • 士業(税理士、弁護士、社労士)
  • リフォーム業(工務店、住宅修理)
  • 歯科(インプラント、ホワイトニング)
  • 美容サロン(脱毛、ダイエット)

運用の違い

それぞれ「運用にどんな違いがあるか」について話します。できそうならぜひご自身でやっていただき、難しそうでしたら外注化を検討してみてください。

MEOの運用方法

MEOは主にGoogleビジネスプロフィールの口コミの質が上位化のポイントになります。高評価の口コミをいただけるように、そして、悪い口コミには誠実な返信をする。アカウント情報では大きく差をつけることはできません。

基本的な設定、運用

  • お店や会社の情報をきちんと揃える
  • 写真や動画でよりわかりやすくする
  • 自社ウェブサイトへのリンクを設置する
  • 最新のお知らせを投稿する
  • お客様の満足の声をもらい続ける

SEOの運用方法

SEOでは、ホームページのコンテンツの質と量が上位家のポイントになります。様々なキーワードで上位化を狙っていくため、ブログを使った情報発信を積極的に行わなければなりません。

基本的な設定、運用

  • 最重要キーワードはTOPページタイトルに含める
  • 会社概要に拠点情報を掲載する
  • 見込み客を説得できるページを用意する
  • 上位化するキーワードごとに有益なブログを書く
  • 余計なプラグインを使用しない
  • SEO目的でホームページを運用しない

※Googleビジネスプロフィールは店舗がある場合のみ開設します。

ローカルSEOの運用方法

ローカルSEOでは、Googleビジネスプロフィールの口コミの質と、ホームページのコンテンツの質が上位化のポイントになります。ローカルSEOでは、同一エリアの同業他社のみライバルになるため、ブログなどの運用はしなくても上位化する可能性はあります。

基本的な設定、運用

  • 地名と業種をTOPページタイトルに含める
  • 会社概要に拠点情報を掲載する
  • 見込み客を説得できるページを用意する
  • 見込み客の疑問・質問にブログで答える
  • 余計なプラグインを使用しない
  • SEO目的でホームページを運用しない

※ビジネスプロフィールはMEOと同じことをやります。

外注費の違い

最後に外注費の相場、上位化までの期間の違いをご紹介します。

項目ローカルSEOMEOSEO
難易度
外注相場月額3万~月額1万~月額10万~
期間3ヶ月~3ヶ月~12ヶ月~

上記は、あくまで参考になります。

  • 法人/個人
  • 月額/成果報酬
  • 代行/コンサル

など、選択肢はたくさんあります。依頼の仕方によって、予算も調整しやすくなっています。

以上がMEO、SEO、ローカルSEOの違いになります。

このURLをコピーする

関連記事

  • ホームページは必要ない?経営者が知らないホームページの7つの重要な役割

  • ローカルSEOのメリット・デメリット。取りくむだけでも効果あり!

  • 【14社比較】ホームページに使える商用利用可のフリー写真素材サイト